デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老いたら一つ場所に落ち着くように心掛けよ。


老いたら一つ場所に落ち着くように心掛けよ。
老いて旅するは賢明でない。


《ペルシャ逸話集「カーブース・ナーメ」より》




ども、この時間に吉野家で大盛牛丼食べます、三木です。




僕の学生時代のバイブル、沢木耕太郎さんの「深夜特急」でも引用された冒頭の言葉。

この本に出会って、旅の“快感”というものを学んだ。若い頃は時間にも心にも余裕があったし、国内だろうが海外だろうがパンツ一枚で旅に出かける度胸と俊敏さがあった。香港、バンコク、デリー、ダージリン、イスタンブール、プラハ、パリ、ナンシー、モナコ、ローマ、ナポリ、ポンペイ、ニューヨークと、並べたらそれなりに行ったのかなって思うけど、いつかは「ユーラシア大陸横断だ!」って粋がってた、あの青さというか勢いが今の自分には微塵も感じない。

気づいたら30歳を過ぎ、下っ腹も出て働くおっさんになっていた。旅への関心はまだまだあるけれど、何というか・・・情熱のようなものが湧いてこない。行きたい時に行きたい場所へ、思い立ったが吉日。そんなふうに、もっと旅と向き合えればって思う。けれど、やはり仕事の都合で長期休暇が取れないのが現実。

欧米なんかで積極的に導入されている、俗にいう“リフレッシュ休暇”を取れるような職場にできればって、最近強く感じる。若い時でないとできない旅のスタイルがあるし、感じ方も時代によって変わる。旅をしたことでしか得られない、大切な何かがある。それは、仕事ではきっと得られない。甘い考えなのかもしれないが、こういった制度が少しずつ日本全体に浸透していけばいいなって、個人的には思ってます。

で、今、無性に尻焼温泉に行きたい。これ、行こうと思えば、すぐ行けるだろって自分に突っ込む。




深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
(1994/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)
(1994/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)
(1994/04)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈4〉シルクロード (新潮文庫)深夜特急〈4〉シルクロード (新潮文庫)
(1994/04)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)
(1994/05)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)
(1994/05)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


劇的紀行 深夜特急 [DVD]劇的紀行 深夜特急 [DVD]
(2002/03/20)
大沢たかお、松嶋菜々子 他

商品詳細を見る






MiCKY by TROiSDESIGN



スポンサーサイト

コメント

私の会社は確か5年ごとに5連休が取れるようになってます^^日本の中も知らないところがいっぱいあるので、旅したいです(o^^o)

>梨恵ちゃん

確かに日本も知らないところがたくさん。仕事忘れて旅したいなー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/445-0b5a71a5

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。