デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの聖地、記者クラブ!!

震えました、帰り道。

今日のお昼は、例によってセブンイレブンのパスタ。カルボナーラでした。
おいしそうな半熟卵が、チンしてもらったお蔭でとろ~りしませんでした。
Seven StarsのSpecial Edition3個パックを買って、限定ライターをゲットしました。どっかいっちゃいました。

で、遅いお昼を済ませて早速、自分は高崎市役所に行きました。
美少女図鑑15冊と、企画書、媒体説明書を持って。

向かった先は「記者クラブ」。
いろんな新聞社とか、報道関係の方々がデスクを持って集まっている、
いわば「メディア関連企業総合事務所」みたいな感じ。

そこに、「群馬美少女図鑑というフリーペーパーを創刊したんですけど、取り上げてくれませんかー?」
と突撃してみたんです。
話を聞いてくださったのは、群馬に根付いた某新聞社の経済担当様。
名刺を渡した途端、「あー!美少女図鑑のー。ついにですねー!」
ご存知だったんです。美少女図鑑のこと。それが群馬に来たこと。
だから、彼女(新聞社の方はうら若い女性でした)が『ついに』とおっしゃったのは、
自分達が記者クラブに来ることを指していたんです。

彼女は忙しい時間に突然現れたヤツの話に延々耳を傾けてくださいました。
他の新聞社やテレビ局の方々にも渡してくれると、自分が持ってきた資料も預かってくれました。

彼女どころか、部屋中のみなさんがめっさ忙しいのをわかってても、自分は中々退室に踏み切れませんでした。だってここは記者クラブ。報道関係、新聞記者の方々が集まっているところ。
自分が今ライターをしているきっかけは、新聞記者になりたかったから。
だから空気を吸って、言い方は悪いかもしれないけれど、スエた空気を一秒でも長く感じていたかった。

ちょぴっと寂しい気もしたけど、これまでの人生も、何より今の仕事も思いっきり楽しいからそれでいいだろ。
てな感じの、記者クラブ訪問レポートでした!







文・湯浅直人
スポンサーサイト

コメント

相互リンクのご依頼

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
FWeTSwKv

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/128-14080a86

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。