デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

映画を観る

人のセックスを笑うな
人のセックスを笑うな

先日、仕事の合間に関口さんとこの映画を観にいった。ミニシアターやロードムービーばかりが上映される、シネマテーク高崎という群馬では味のある映画館。僕はこの映画館に愛着をもっている。気になる作品は冒頭でもあるように、タイトルのインパクト大の「人のセックスを笑うな」。最近人気急上昇中の松山ケンイチと相変わらずお綺麗な永作博美を主演におき、脇を蒼井優・忍也修吾らの実力派がかためる。映画を評論するのは基本的に嫌いなので、内容についてはあえて語らない。ただ、タイトルのインパクトにそそられて観る方には「これはピンクでも官能ものでもない」とだけ申しておく。



犯人に告ぐ
犯人に告ぐ

これは事務所になぜかある大画面のシアターセットで、またまた仕事の合間に関口さんと観覧。主演は豊川悦司で、脇は石橋凌・松田美由紀がかためる。意外にも初の刑事役だったトヨエツ。雫井脩介原作の本がバカ売れしたこの作品。またまた内容については語らないが、この映画のキャッチコピーにとても惹かれる。
「幕は上がった。主役は、お前だ――」
シェイクスピア著の 「お気に召すままに」のあの有名な台詞
「全世界は舞台だ。 そして、すべての男も女もその役者にすぎない」
と、どこか重なった。どちらも意味合いも狙いも違うと思うが、人間界の自然な対比構造が際立った作品であることを、僕は感じられずにはいられない。



僕は何役だ?

人生が舞台ならば、僕は何を演じよう・・・。仮に刑事ドラマなら、僕は間違いなく犯人役だ。いたずらっ子だから、刑事さんをおちょくってやろう。青春ものの学園ドラマなら、理科の先生でも演じよう。白衣着つつもちょっと不衛生感を漂わせ、フラスコで珈琲煎れて飲んでみたい。恋愛映画なら、そうだなぁ・・・この「人のセックスを笑うな」みたいな、10も20も年上の方と、ほんのりビターで濃厚な恋をしてみたい。

本当に何か好きな役を演じて、少しでもその通りに人生を歩めるのなら、決してなることのできない“女性”を演じてみたい。そもそも性別って、決定的に人間界を分別させてしまうもの。逸話や伝説に従えば、もともとひとつであった片割れになる男と女。神さえも脅威と感じた力を、女性になることで感じることができるのでは?なんて少し考えてしまう。でも、やはり分裂した片割れを演じるだけで、ひとつになるわけではない。少しは近づけるんじゃないかと想像は膨らむが。

少し突っ込みすぎた話題に、読者がひきそうなのでここまで。



妄想は凄まじい。
でも、その妄想を僕らは今仕事にしてる。



文・三木康史
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/15-d21276f4

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad