デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

書庫への道

大掃除?

明日、お役所の方が事務所を拝見しにくるので、夕方からうちのお掃除おばっ・・・お姉さんと片付けをした。パッと見で綺麗になっていればいいかなぁと始めた掃除が、段々とエスカレートし棚は解体するは、メディアの整理するは、PCの配線まとめ直すは、隅まで雑巾がけするは・・・完全に大掃除状態となった。先程その片付けも終わり、今ものすごく綺麗な事務所の我がデスクで、気持ちよくブログを綴っている。


環境づくり

片付けながら思った事があって、この事務所はある種ミニ図書館に近い。まーかなり系統は「」美術書・デザイン書・写真集・絵本・小説・エッセイ・旅本など」と偏ってはいるが、数だけならかなりある。各々の趣味的なものもあるが、膨大な情報量がこの空間にある。僕はどうも「環境づくり」には拘ってしまう。仕事をする上で“想像力をかきたてる環境”が、絶対的に必要であると感じるからだ。

本棚


本の虫


昔から、本が大好きだった。10代の頃は生意気にも海外文芸ばかり読みあさっていた。カフカにカミュ、トルストイにシェイクスピア・・・と、大学の頃は研究課題もあり、人間工学や美術史など今の仕事にリンクする本にも手を伸ばしていた。基本的に小説はそれなりに読んできてはいる。一時期、ものかきにも憧れを抱いた。出版の仕事が増えたここ最近は、どうも職業柄いくつもの雑誌をチェックしてしまう。「この文字組み斬新!」「思い切ったトリミングだな」「文章の展開が激しい!」などなど、日々勉強である。ちなみに気に入っているデザインはベタではあるが『SWITCH』『FUDGE』かな。『フィガロ』『H』『音楽と人』なんかも好んで読んでる。


いつかは

将来的には、事務所の1室を潰して「書庫」を作りたいなんて思っている。本に囲まれた生活なんて幸せだろうな。あとは煙草と珈琲があればいい。デザイン組みながら、ちょっと「書庫行ってアイデア練ってくる」なんて言ってみたいね。絶対、カッコイイよ。いつかは書庫のある事務所に、これから働きまくって育てていきます!



文・三木康史
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/16-ec284424

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad