デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しさだけではない、本当の嬉しさ、喜び

大人の祭りを楽しんで参りました


地元や近隣の地域で行われる、浴衣を着て歩くような祭りも私はとても大好きです。

春には大きな桜の木下でお弁当を広げるのがとても好きですし、
夏には川の裾の土手の上から花火を見て拍手をするのが大好きです。

秋には露天の温泉に浸かりながら山の紅葉に惚れ惚れしていますし、
冬にはセーターに付いた雪の結晶を見て一人鼻歌を歌っています。

ところが先日、20に私たちトロワデザインのみんなで出かけた『東京ビックサイト』では
四季の感覚に左右されることなどない、また一つ違った視点での“祭り”が開催されていました。





再開。
なにより嬉しかったのは
見つけてくれた時に笑顔が輝いていたこと。



私たちが総出で出かけたのには、もちろん訳があります。

19日~21日の3日間、東京ビックサイトでは≪ビューティーワールドジャパン≫という日本美容業界きっての展示会が開催されていたのです。

私たちは、美容業界に向けたフリーペーパー『月間ボーテヌーボー』の編集に携わっているため会場風景の取材を兼ねて、クライアント様の御挨拶に伺いました。

同展示会は美容業界において、日本最大ですから会場は本当に広く、
出展なさっている企業様も数多くいらっしゃいました。

会場の雰囲気に圧倒されている中、私はふと見覚えのあるイイ男を発見しました。

それは2ヶ月くらい前、愛知県は名古屋市で「すごいエステをしてる会社がある」と話があり取材させていただいた㈱ウィンフィールド・ライフリサーチの野田様ではありませんか!

取材させていただいた当の、代表取締役レイチェル・ワイン様はあいにく席を外していらしてお会いできなかったものの、野田様はじめ、他のスタッフの皆様も私を覚えていてくださった時は心から嬉しかったです。

いつもPCに向かっていることがほとんどので、時折こういった暖かい心に触れると
涙もろくなってしまいます。





「すごいエステ&化粧品」を扱ってらっしゃる㈱ウィンフィールド・ライフリサーチ様のHPです。
皆さまぜひ一度ご覧になってみてください。 【ECHO2/エコツー】今話題ですよね☆
http://www.w-f.co.jp/  ←コピペしてご覧下さい!



文・湯浅直人
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/29-2db04754

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。