デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情の数だけ



ども、夜な夜なミッキーです。



昨夜は、珍しいメンバーで飲みに。
bonaのマネージャー吉見くん、pantaloonsのオーナーるんこさん
伊勢崎にある南国料理屋「ラハイナ」というお店に集合。

二人とも、なんていうかなー。
とにかく孤軍奮闘タイプで、欲のかたまり。
でも、この“欲”が人間大事なんだよね、ほんと。



今日は、久しぶりに完全休養ってことで
丸一日、己の欲で埋めてみた。

なんだか色んな事がめまぐるしく動いていて、
感情の起伏がとても激しい日々を最近過ごしていた。

だから、少し落ち着かせる意味もこめて
映画三昧の一日を送った。
もちろん一人きりでね。

意外にも、とても心がナイーブで(ここ笑ってください)
映画を観た後は、いろいろと心のなかを整理する時間が欲しく
他人にかまう事もできず、一人の世界に入りたい。
だから、基本映画は一人で観る。

友人や恋人なんかと行くと、
映画の後に、お茶なんかして
「あー、あのシーンよかったよね」
「あそこ泣けたよね」
なんて会話になったりしません?
あれは、マジ地獄です。

映画の後に、映画の話はあまりしたくない。
非常に歪んでます。

だから、はっきりいってこのブログ内で
映画の解説やレポは、ほぼ皆無です。
そこは期待しないでご覧あれ。



で、今日の1本目。
12:20よりMOVIXにて「トイレット」
T0008641.jpg
(C)2010“トイレット”フィルムパートナーズ

あの「かもめ食堂」「めがね」「バーバー吉野」で話題の荻上直子監督最新作。
彼女の作品は、基本好きですね。
ちなみに、例の如くもたいまさこさんとの最強タッグ。
相変わらず、小さな幸せを感じる映画だったな。
かもめ食堂 [DVD]かもめ食堂 [DVD]
(2006/09/27)
小林聡美片桐はいり

商品詳細を見る

めがね(3枚組) [DVD]めがね(3枚組) [DVD]
(2008/03/19)
小林聡美

商品詳細を見る

バーバー吉野 スペシャル・エディション [DVD]バーバー吉野 スペシャル・エディション [DVD]
(2004/10/22)
もたいまさこ米田良

商品詳細を見る




つづいて、場所を変えて2本目。
16::00よりユナイテッドシネマ・ウニクス上里にて「食べて、祈って、恋をして」
T0008467.jpg

この映画館、居心地がよくいつも空いていて(笑)
何より知り合いに絶対会わないっていうのが好き。
映画はというと、ジュリア・ロバーツ主演の最新作で、
きっと女性が観たら憧れるんだろうなぁと、
少し遠目の視点から眺めてた。
イタリア、インド、バリの様々な有名な建造物を
とにかく美しさに拘って撮っているっていうのが伝わりました。
是非、女性の方に。




で、またまた場所を変えて、本日のラスト。
21:20より109CINEMASにて「悪人」
T0008224.jpg
(C)2010「悪人」製作委員会

僕の愛する女優、深津絵里さん
モントリオール世界映画祭で最優秀女優賞に輝いた話題の作品。
原作の吉田修一さんは、芥川賞を取った「パーク・ライフ」以降、
かなり読みあさっている。
「water(最後の息子)」「パレード」なんておすすめ。
最後の息子 (文春文庫)最後の息子 (文春文庫)
(2002/08)
吉田 修一

商品詳細を見る

パレード (幻冬舎文庫)パレード (幻冬舎文庫)
(2004/04)
吉田 修一

商品詳細を見る





本当に解説はしません。
観たい方は観に行って、それぞれで感じてください。




なんだかいろんな感情が激しく動きまわって
ちょっと疲れたけど、刺激的な一日だった。

考える事と感じる事って、近いようで遠い。
頭では理解している事が、感情とリンクしていない事だっていっぱいある。
どっちが正しくてどっちが間違いなんてわからない。

自分を検証してみると
遥かに考えて動く事より、感じて動く事の方が多い。
もう少し計算が必要なのかなぁ。

大人になる、大人でいるって難しい。

でも、感情の数だけ
その人の人生があるんだって思う。
そこに、大人も子供も存在しないさ。





明日は「別冊群馬美少女図鑑」の設置。
いち早く手に入る所があるかもね。






MiCKY by TROiSDESIGN




スポンサーサイト

コメント

HAHAHA!!!
ウニクスは一番近い映画館だから、行きますよ。笑。
わたしも誰にも会わないし~と、物凄く適当な出で立ちで行っています。
あそこは椅子に始まって椅子に終わるのです。他には特に…。
その下に、美少女図鑑に出ているサロンさん入ってますよね?
うちの妹、あそこに通ってますの。
映画、全然観にいけていません。体調を崩してたので。
本当は、「パーマネント野ばら」を観に行きたくってしょうがなかったのにな。
今回紹介してくださっているのも気になるの沢山。
もたいまさこさんが出てたらとりあえず観たい、そんなかんじ。

>セイさん

ウニクス行くのね・・・
見かけたら、そっと声かけて(笑)
トイレットはおすすめです。
まだやってるのかなー・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/306-95cdc998

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。