デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週も幸せで溢れてる

01.jpg

先日の名古屋の結婚式からちょうど一週間、今週も素敵な二人の瞬間を僕の世界でおさめてきた。冒頭の写真は式前のメイクルームでのカット。シルエットの奥に光る白熱灯が、二人の明るい未来を物語るようだった。

02.jpg

群馬で最も好きな教会。写真は賛美歌を歌う二人とゲストを全景でおさめたカット。大理石に写り込む二人が、この全景写真で神秘的に感じられる。

03.jpg

式が終わりフラワーシャワー。フラワーボーイとフラワーガールをする甥っ子さんと姪っ子さん。かわいかったなー。

04.jpg

参列者全員での集合写真。急遽新郎さんにキスを要求。気持ちよく答えていただけた。ゲストの方も盛り上げてくれて、素敵な集合写真となった。

05.jpg

カンパーイ!新郎さんの勤務先の提携店で披露宴。ここも素敵な会場で、料理はもちろん抜群の美味しさ。それにしても笑顔がいい。二人とも本当にカメラマンに対しても優しくて紳士的で誠実で・・・撮ってるこっちも幸せな気持ちに。

06.jpg

ラストはお決まりの記念写真。いやー本当に二人と出会えて、その二人の大切な一日にカメラマンとして参加できた事、僕はこの上ない幸せを感じている。何より「三木さんでよかった」って一言がもの凄く嬉しかった。



心の反映が写真を変えた。


独立前の前職では、毎週のようにブライダル撮影を行っていた。そんな生活を3年も続けると「慣れ」というものが生まれてくる。悲しいが知らずと業務的になってきて、感受性が薄れていったように思う。それは致し方ない事なのかもしれない。今は、広告撮影や雑誌の取材、ライブやイベント撮影など、様々な撮影スタイルに順応させ仕事をこなしてきている。その全てが名古屋から続くこのブライダル撮影に結びついているように感じる。心が反映された写真、僕の写真は今呼吸をしている。生きた写真がそこに写されている。「いい写真」「カッコイイ写真」ではなく「生きた写真」。


ブログに載せるって約束果たしました。
今度、飲みにでも行きましょう!

ご結婚おめでとうございます。




文・三木康史
スポンサーサイト

コメント

素敵な写真をありがとうございます

こんばんは!阿久津です。ブログに見事に載せて頂きまして有難うございました。素敵な写真ですね、ますます仕上がりが楽しみ☆三木さんが撮ったと思われるシャロンの佐伯さんらしきモデルさんの写真も見ました綺麗~ほんとに仲良しさんなんですね。これからも何か人生の節目イベントの際にも是非お願いしたいな~と主人と話をしてます。お忙しいかと思いますが、たまにはよろしくお願いします♪私の甥っ子達が、三木さんにまとわりついていても、カメラを触らせてくれたりかまってくれて、有難うございました。彼らにとっても、初めてみるプロの大きいカメラマンのお兄さんだったから、かなり興奮していたようです。そうそう、私の後輩もイケメンカメラマンに大興奮でした。。。ではまた

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/33-e074679c

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。