デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

日本。


ども、実家が農家の三木です。
ほうれん草も作ってます。
こんなに美味しい野菜はありません。
ベジタリアンな食生活に日々感謝です。



さて、震災から1週間が経ち、
さまざまな事が明らかになってきました。

被災者の方々の苦労は、
きっと僕ら非被災者には共有できるものではないのだと、
無力さを感じます。

日本中が、いま脳と心で感じているモヤモヤは、
その無力さなのか、それとも計画停電や燃料不足による生活の隔たりなのか、
とにかく感情の思考がめまぐるしく交錯しているのだと思います。

僕もそうです。
いくら鈍感と言えど、何も感じずにいままで通りの生活を送るのは難しいです。
それが、きっと人間というものなのでしょうね。

ただ、時間が経ったせいか、いや希望が見えてきたせいか、
少し冷静に考えられるようになってきました。

たくさんの情報が行き交うなかで、自分なりに吟味し、
確かだと思えるものに対し、理解を深め疑問を感じ、
問いただしていけばよいのかなぁと、
僕なりの結論に至ってます。



そのなかで、まずは原発についての情報収集に役立ったのは、
同業であり大先輩の高松聡さんのブログでしたね。
人脈豊かな高松さんらしい、専門家に校閲・校正依頼し、
加筆修正が続けられているようです。
そう、日々現状は変わっているのです。

◎高松聡(クリエイティブディレクター)
【福島原発で起きていること】
http://ameblo.jp/satoshitaka/entry-10834940369.html



そして、非被災者が「いまできる事・すべき事」を集約させ、
端的な内容を綴っているは、おちまさとさんのブログでした。
いま日本は、自らで経済を圧迫しているのかもしれません。
日本という国のプロデュースを、広告というものを、
問いただしているように感じます。

◎おちまさと(プロデューサー)
【『不謹慎』とは何か。】
http://ameblo.jp/ochimasato/entry-10830934123.html
【日本“リブランディング”】
http://ameblo.jp/ochimasato/entry-10837363449.html



メンタリティな部分では、
「寛容さ」を訴えた、内田樹さんのブログに
僕はとても納得させられました。

◎内田樹(エッセイスト、翻訳家、神戸女学院大学教授)
【未曾有の災害のときに】
http://blog.tatsuru.com/2011/03/13_1020.php



ひとはこのような非常時に
どうしようもできない苛立ちや空しさを感じてしまうものです。
感じた事は罪ではなく、どう行動するか、どう受け止めるかが重要なんだと思います。
それが、必ず今後の復興に何らかの助けになるのだと信じて。
いまは誰しも、自分の置かれた立場で懸命にやっているのだと感じます。
矛先を他人に向けるのでなく、やはり自分自身でよく考え
ACの広告ではないけど、想いをカタチにする時なのかもしれませんね。
経済をまわすのが役割だと思ったら、飲みにいったっていいじゃないですか。
人命救助だけがすべてではありません。

今後、未曾有の被害に襲われたこの日本経済を復建させるのは、
アメリカ人でも中国人でもコンピューターでもなく、
我らが日本人なのですから。

原爆投下、第二次世界大戦敗戦、阪神大震災、中越沖地震・・・
どんな事が起ころうが復興を成し遂げてきた強いニッポンが
過去をきちんと刻んでます。



僕の大好きなイングランドプレミアリーグの「リヴァプール」が
日本人へ贈った言葉です。

You'll never walk alone


そう、ひとりじゃないっす。




三木


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/381-70c52e9b

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad