デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I LOVE REP.


この写真は、昨年のGGC3(グンマガールズコレクション3)の時の一枚。

rep5.jpg

Refutation Excuse’s→Paradox(レフテーション・エクスキュージーズ・パラドックス)という、非常に長くて覚えづらいロックバンドのメンバーとの集合写真。まー、面倒なんで呼び名はREP(レップ)で! 今日は、なんとなく見た目、サイコーにイカツイ方々について綴ろうと思う。

出会いは、冒頭にもあるようにGGC3。その打ち合わせをするためメンバー全員がトロワに来た時、初めて会ったにも関わらず意気投合。とにかく心が熱く、ロックな方たちだった。でも、実際どんなライブパフォーマンスをするのか、イベント当日までわからず、僕らとしてはある種の博打。若者の、特に女性をターゲットにした、ファッションイベントとのコラボだったので、果たしてオーディエンスに受け入れてもらえるのか。今だから話せるが、そんな不安も持ちながらGGC3当日を迎えたのだ。

タイムテーブル的に、ヘアショーとのダブルブッキングが組まれたにも関わらず、ホールにはそのパフォーマンスに引き寄せられたオーディエンスがどんどん集まってきた。熱かった、そしてもの凄くロックだった。この時だけはスタッフだという事を忘れ、ライブに夢中になってしまう自分がそこにいた。音楽性だとかジャンルがどうとかではなく、メンバーの熱に同調したんだと思う。今振り返れば、イベント自体もここから盛り上がっていったように感じる。彼らのおかげで、音楽とファッションの融合が、形でだけでなく成し遂げられたと思う。まー、他の反省点は多々あるが(笑)

そんなREPとのコラボは、この日一夜限りで終わる事はもちろんなく、そうもちろん・・・。また、いつかコラボする事をリーダーのJiNくんとラーメンすすりながら約束し、先日「タカスタ」にて二度目のコラボが実現したのだ。

rep3.jpg

rep2.jpg

rep1.jpg

悪天候とアクシデントで10人程度のオーディエンスでスタートした、タカスタでのアコースティックLIVE。でも、そこからが彼らの真骨頂。通りがかる方の足をどんどん止めていき、気づけば50人近くの方々が集まっていた。それは、GGC3の序盤の光景と似ていた。さすがだった。

仕事柄、いろんな出会いをする。そのほとんどは良い出会いばかりで、そんな機会を与えてくれる今の仕事は、声を大にして好きだって言える。そのなかでも、このREPとの出会いはどこか特別だ。偶然ではなく必然と出会い、きっとこれから先もコラボしていくんだと、確信をもてる。楽しんだ、熱いんだ。そして似合わないけど、少し優しい。また、ラーメンすすろう。次は朝まで飲もう!

リスペクト、レップ!

メンバーのブログはこちらから。
JiN
HIROKI

JPT
MOSURA

rep4.jpg

追伸:
この可愛いらしい女の子は、REP専属カメラマンのSHIiちゃん。この子のREPへの愛が好き。SHIiちゃんも、もはやREPの一員。ロックで優しい素敵な美少女。いつもありがと。

SHIiちゃのブログはこちらから。
SHIi

7/3(sun)「Club FLEEZ」にてライブ決定!!!



MiCKY by TROiSDESIGN

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/394-e4fb7a4e

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。