デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しかった。


女子サッカー日本代表チーム「なでしこジャパン」の歴史的な快挙から一夜が明け、その感動はメディアやSNSによって今も伝えられている。それほどまでに日本にとっては久しぶりの明るいニュースだった。そして、何よりリードされては追いつき、24戦勝利のなかった女子サッカー王国アメリカに、最後は勝ってしまったのだから、そのドラマチックなストーリーを語らずにはいられない。僕もあの朝そうだったから。

その凄さを決定づけるものして、なでしこジャパンがアメリカを破った瞬間(1秒間)における世界中のtweet投稿数「通称:TPS」の世界記録が更新されたのだ。ちなみに、過去最高記録となる「7,916TPS」を記録した。同日に行われたコパ・アメリカ「パラグアイVSブラジル」では、歴代2位となる「7,166TPS」が記録された。これまでに日本の歴代TPS記録は、新年の挨拶「6,939TPS」を除くと、あの東日本大地震の「5,530TPS」だったのだから、その凄さがこれでよくわかる。

明るいニュースをどれだけの日本人が求めていたのか、いや世界中の方々があの決勝に関心を抱き、スタジアム全体もどこか日本を応援していたようにも感じられた。日本の選手がパスをまわせば歓声が起こり、まるでホームかのような雰囲気が、テレビを通しても伝わってきた。そして、破れたアメリカさえも祝福をおくっていた。選手、サポーター、メディア、オバマ大統領までも。

アメリカのGKソロ選手は、試合後にこんなコメントを残した。
“日本チームには何か大きな力が働いていた”



理論的には説明がつけられない、不思議な力がスポーツの世界にはよくある。人はそれを“奇跡”と呼ぶ。ドイツのとあるスポーツ紙は、今回のなでしこを日本サッカーのイメージカラーの青とかけ、「青い奇跡」と称したのは、その奇跡を世界が感じ取った象徴的なものかもしれない。

あの日、確かに奇跡は起こった。

でも、それは偶発的に訪れる“運”のようなものではなく、ましてや神が与えたものでもなく、凄まじい思いと努力が残した単なる結果だったんだと僕は感じた。アメリカに負ける気がしなかったんだ。どんなに劣勢になろうが、やってくれそうなオーラが漂いつづけていた。「最後まで諦めなかった」と語った澤選手の言葉には、「負ける気がしなかった」という気持ちで覆われていたようにも思えた。

奇跡なんてそうそう起こるものではない。あの感動は「奇跡」が運んでくれたものではなく、最後まで戦い抜いた彼女たちの“強い気持ち”と“楽しんでる笑顔”だったんじゃないかなぁ。僕はそんなふうに思えてならない。

あのときの彼女たちは、泣く事なく笑っていた。


nadesico2.jpg

nadesico1.jpg

nadesico3.jpg


その光景は、何よりも美しく見えました。





MiCKY by TROiSDESIGN




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/412-9571d75c

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。