デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野球もいいっすよ。

こう見えて、小中学校と野球をしてました。しかも、かなりマジモードで。ちなみにPL時代のの桑田みたいに、エースで3番打ってキャプテンでした。あれ、桑田ってキャプテンじゃなかったか。まーいっか。嘘っぽいけど、ほんとです。これって、プチ自慢になるのかな。

ども、三木です。

冒頭のお話には実は深い訳があり、今回「BCリーグ×美少女図鑑」の新たな企画が始まったからなんです。BCリーグってなんぞや? 一言で、プロ野球です。ただ、独立リーグと言われる、地域に根付いた歴としたプロ野球なんです。ちなみに、群馬は「群馬ダイヤモンドペガサス」というチームがあり、2008年に加盟して、2009にはなんと総合優勝、2010年にも地区優勝を果たすなど、かなりの強豪チームなんです。そんな素晴らしい実績が、意外とこの群馬ですら知られていないので、今回我々群馬美少女図鑑は、このBCリーグを全力で応援しようという事にしたのです!!

福井、富山、長野、石川、新潟、そして我が「群馬」の6県がコラボした新たな企画。それぞれの美少女図鑑モデルが、上信越・北陸のプロ野球独立リーグ「BCL」のチャンピオンシップのイメージビジュアルに登場です!!

a0.jpg

これまでも、複数の都市に股がるコラボ企画はありましたが、上信越、北陸ブロックでのコラボは今回が初。しかも、その街に根づいた「地域スポーツのある都市同士のコラボ」は初めて!です。美少女図鑑は、地方都市を盛り上げます!!

bn_baseball_clp.gif


大会日程は、下記の通りです。
※変更の場合もあります。

10/1~3:
地区チャンピオンシップ

10/8~9:
BCリーグチャンピオンシップ(上信越ホーム)

10/15~17:
BCリーグチャンピオンシップ(北陸ホーム)

10/22~23:
日本独立リーグチャンピオンシップ(BCLホーム)

尚、大会期間中は小中学生の入場がなんと無料!!

BCリーグ公式WEBサイト
http://www.bc-l.jp



この大会期間中には、6県の美少女図鑑とBCリーグとのコラボを予定しています。モバゲー内での「特設コンテンツ」、BCリーグの試合の「始球式」などに、各都市の美少女図鑑モデルが登場するかもしれない。

続報は、このBlogでもお知らせします。お楽しみに!!



群馬美少女図鑑
MiCKY by TROiSDESIGN
Facebook:http://facebook.com/yasushi.miki


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/428-32bd1bd8

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。