デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文芸社コンテスト応募作品

こんにちは


孝弘、落ち着いて聞いてね? お父さんがね、今日お母さんがパートから帰ってきたらお布団で自殺してたの。 お母さんすぐに救急車呼んでね、お父さん助かったの。 だから安心してね。
 
かぁさん!? できないよ。 助かったにしても遺書とかなかったの? そんなことよりお父ちゃんの容態は!? 母さんだって全然落ち着いてなんかないじゃないか。
 
大丈夫、心配ないよ、お父さんもピンピンとまでは行かないけどもう意識もあるし。 でも問題もあるにはあるの。 お仕事忙しいのわかってるつもりだけど、一度近いうちに帰ってきてくれるかな。
 
何言ってんの!? 親父の一大事に仕事できるわけないじゃん! 明日の始発で帰るよ!

 


 いつの間にか僕は、わんわん号泣しながら母と電話していた。 場所は練馬区青梅通り沿いにあるファミリーレストラン「ジョナサン」。 時間は夜の9時半を少し過ぎたあたり。 付き合って5年になる彼女とふたり、夕食を注文してすぐだった。

店員さんは親切にも泣き崩れている僕と、困惑顔で寄り添う彼女の料理をテイクアウトパックに詰め直してくれた。 そしてアパートに帰る途中、彼女に電話の内容を説明して、次の日の早朝実家のある群馬に続く電車に飛び乗った。 勤め先には黙って。 僕の仕事は飲食ビルのマネージャーだったから、休日なんて週末も平日も祝日も昼も夜もなかった。 だからわかってたんだ。 あの半分ヤクザみたいな上司にいくら事情を説明したってムダだってことなんて。

親父を見舞ってわかったこと、ふたつ。 ひとつ、自殺の理由が会社の借金を分不相応に抱えてたってこと。 ひとつ、親父が末期ガンに侵されたってこと。 もうどこから転移が始まったのかもわからないくらいに。

あくる日僕は東京に帰った。 鈍行電車の中で書いた辞表は汚かったけど、読めないほどではなかったと思う。 ヤクザな上司に渡す勇気はなかったから、社長に直接手渡して言われた言葉がまだ胸に残ってる。 「おつかれさん、がんばってな」。 何も言えずに頭を下げるしかできなかった僕は、帰りの車中彼女に詳細の報告をして早速病院に向かった。

そのとき彼女のお腹には僕の子供がいたんだ。 一刻も早く逢いたい気持ちはあった。 でも状況が僕にそれを忘れさせてしまった。 一気に押し寄せた不幸の連続に、母は気が振れそうなのを必死でこらえているのが見て取れたし、僕も長男の務めで手一杯だった。




 程なく自殺を図った時にできた傷の療養と信じたまま父は逝った。 母とふたりでこれからを歩んで行くと決めた僕らを残して。 逐一連絡していた彼女は僕を気づかってくれたんだろう。 ある日、中絶したという報告と一緒に、さよならと笑顔で告げて去っていった。




 あれから十年。 僕は彼女に逢いに行く。 やっと胸を張って逢えるようになった。 ただ一言、あいさつを返してくれるだけでいいんだ。






文・湯浅直人
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/51-dc6113b7

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。