デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

First Anniversary Fair(s)

気温の低い季節は心が燃える季節なんか?


土曜日、あと今日17日の月曜日と、僕らの大好きなアパレルのセレクトショップが
相次いで一周年記念をお祝いしたもんで、ふと個人的に思いました。

「この季節の方が、事業を新規に立ち上げたり、拡大したりが多い気がするなー」と。

心理学なんて、異性の落とし方さえかじった事のない自分の思い違いかもしれませんし、むしろそうでしょう。



そんな些事はさておき、最近少なくとも自分は周りで環境の変化、というか成長を顕著に感じるんです。

例えば土曜日、うちの代表三木さんも御用達のオッサレさんが集うハイブランドセレクトショップ
TIURFさんの一周年記念レセプションが開かれたでしょ。

もう日にち変わっちゃうけど17日の月曜は、女の子にプレゼントを買うならここで決まりって
アパレルのレディース(まだ専門かなぁ?)セレクトショップHoney Dipさんも一周年って話。

日曜が湯浅常雄の五周忌とかはこの際置いといて(うちのお父ちゃんです、ゴメンね)、
9月29日には自分の御用達で、先にお話したTIURFさんの向かいにある
HardiVagueさんが
やっぱりOPENして一周年でした。 やっぱりここもカッコイー服ばっかなんですよ。
自分が行ってるからだけじゃなくて。

他にも書けないくらいあるんですけど、アパレルさんということで。



何を隠そう、弊社も群馬美少女図鑑を創刊するために動き始めました。

現在ヘアサロン様、設置ショップ様、衣装協力店様、等々募集DMを発送いたしたところでございます!

なんのことやらわからない? すみません。 明日、ないし明後日までお待ち下さい。

きっと今日にもお目通しくださるサロン様が多いと思いますので。

では、久しぶりにブログ更新は湯浅がお届けしました。







文・湯浅直人
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://troisdesign.blog29.fc2.com/tb.php/89-d018f04e

11/16 TIURFオープン1周年パーティ

1周年記念パーティ @ TIURF Night 11/15、ほんとうにたくさんの方にご参加いただいて、すごく楽しかったです。 参加された方は、お疲れ様でした。いかがだったでしょうか? パーティーの様子を、ダイジェスト ハーティさんが到着 女の子の美容部隊参加 ...

 | HOME | 

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。