デザイン事務所のONとOFF

群馬県高崎市を拠点に活動するデザイン事務所「TROiSDESIGN~トロワデザイン~」のスタッフブログ「デザイン事務所のONとOFF」である。群馬美少女図鑑編集部ブログも兼ねる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱライブはいいね。



ライブはやっぱいいね。
ども、三木です。


この週末は、ライブ三昧だったな。
23日はコトリンゴさんに、
24日はpassatempo feat.IZABELLAに、
25日はアナサニ伊藤文暁くんと、
いろんなジャンルの音にふれたなー。

どれも、好きな音ばかりで
ほんと癒されました。

で、今日のE'site高崎での伊藤文暁の勇姿を。

ITO_1.jpg

ITO_2.jpg

ITO_3.jpg

ITO_4.jpg



◆伊藤文暁
http://fumiaki-ito.com/

◆another sunnyday
http://www.anothersunnyday.net/







MiCKY by TROiSDESIGN
twitter:http://twitter.com/troisdesign
facebook:http://facebook.com/yasushi.miki


DVD鑑賞録。




ども、乾燥肌の三木です。潤いともつ鍋が、今一番欲しいです。



さて、久しぶりの映画ネタ。先週観たDVDの鑑賞録を。最近仕事のブログを書いてないという、とても良い傾向になってきている。だって、つまらないと思うし、そんなの。ま、プライベートの方が面白いかって訊かれても、微妙なんだけど。でも、高崎映画祭も今週末から始まることだし、映画のお話は旬でしょ。

じゃ、一気にいきます。今日は「アメリカン・ラプソディ」と「さらば青春の光」の鑑賞録を。



「アメリカン・ラプソディ」
dvd_american.jpg

日本では劇場未公開だったけど、この作品はスカーレット・ヨハンソン出演作品のなかで、特に気に入っている。ブレイクのきっかけとなった「ロスト・イン・ト ランスレーション」での演技は圧巻だった。まず、その美貌にやられてしまう。そして、この物語、かなり深い。家族愛に満ちたとっても温かな話なんだけど、その裏で強さも感じる物語。ブタペストの街がとても美しく描かれ、その映像美で心が浄化されていくような感覚になる。何度観ても、いい映画だなーって思う。号泣ですね。



「さらば青春の光」
dvd_saraba.jpg

爽快な青春ものというか、超B級映画の気がするんだけど、かなりスパイスが効いている。この映画、はっきりいって楽しみ方が変わっている。ザ・フーやスティング目的で観るとガッカリするかも。60~70年代のモッズカルチャーについて綴られていて、モッズ心とパンク心をくすぐる寸止め的な映画。フレペリのポロ、着たくなりました。




【最新イベント情報】

3.23(金)19:00~|ホワイトテラス(高崎市栄町22-30)
BELLURIA 10TH ANNIVERSARY PARTY
ベルーリア10周年アニバーサリーパーティ。
DJ:矢部直|岩村学
Live:コトリンゴ|MASAYOSHI ADACHI e DOMINGEROIDO
VJ:Kizusu Yushin from Los Paria Códigos
PA:BALLAD
FOOD:Cafe & Champagne Dining applause
Fashion Snap:2nd|群馬美少女図鑑
charge:4000yen(French Style Food+1Drink)



3.24(土)21:00~|リュスティーク(高崎市筑縄町10-24)
passatempo Live
欧風田舎料理を食しながらの生演奏会。
keyboard:TORU!SPACY
guitar:sawa
guest percussion:Hideki Kojima
featuring singer:IZABELLA
charge:free(飲食代のみ)



3.25(日)1st 14:00~ 2nd 16:00~|高崎駅東口 E'site高崎(高崎市八島町222)
伊藤文暁 Acoustic Live
Music rally for springに、another sunnydayのVo.伊藤文暁出演決定!!
Vo & keyboard:伊藤文暁
PA:studio BOOGIE
charge:free





MiCKY by TROiSDESIGN
twitter:http://twitter.com/troisdesign
facebook:http://facebook.com/yasushi.miki


老いたら一つ場所に落ち着くように心掛けよ。


老いたら一つ場所に落ち着くように心掛けよ。
老いて旅するは賢明でない。


《ペルシャ逸話集「カーブース・ナーメ」より》




ども、この時間に吉野家で大盛牛丼食べます、三木です。




僕の学生時代のバイブル、沢木耕太郎さんの「深夜特急」でも引用された冒頭の言葉。

この本に出会って、旅の“快感”というものを学んだ。若い頃は時間にも心にも余裕があったし、国内だろうが海外だろうがパンツ一枚で旅に出かける度胸と俊敏さがあった。香港、バンコク、デリー、ダージリン、イスタンブール、プラハ、パリ、ナンシー、モナコ、ローマ、ナポリ、ポンペイ、ニューヨークと、並べたらそれなりに行ったのかなって思うけど、いつかは「ユーラシア大陸横断だ!」って粋がってた、あの青さというか勢いが今の自分には微塵も感じない。

気づいたら30歳を過ぎ、下っ腹も出て働くおっさんになっていた。旅への関心はまだまだあるけれど、何というか・・・情熱のようなものが湧いてこない。行きたい時に行きたい場所へ、思い立ったが吉日。そんなふうに、もっと旅と向き合えればって思う。けれど、やはり仕事の都合で長期休暇が取れないのが現実。

欧米なんかで積極的に導入されている、俗にいう“リフレッシュ休暇”を取れるような職場にできればって、最近強く感じる。若い時でないとできない旅のスタイルがあるし、感じ方も時代によって変わる。旅をしたことでしか得られない、大切な何かがある。それは、仕事ではきっと得られない。甘い考えなのかもしれないが、こういった制度が少しずつ日本全体に浸透していけばいいなって、個人的には思ってます。

で、今、無性に尻焼温泉に行きたい。これ、行こうと思えば、すぐ行けるだろって自分に突っ込む。




深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)
(1994/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール (新潮文庫)
(1994/03)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)
(1994/04)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈4〉シルクロード (新潮文庫)深夜特急〈4〉シルクロード (新潮文庫)
(1994/04)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)深夜特急〈5〉トルコ・ギリシャ・地中海 (新潮文庫)
(1994/05)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)
(1994/05)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


劇的紀行 深夜特急 [DVD]劇的紀行 深夜特急 [DVD]
(2002/03/20)
大沢たかお、松嶋菜々子 他

商品詳細を見る






MiCKY by TROiSDESIGN



アジサイとボクと、時々、シャガール。

ども、夜な夜な三木です。




「巡る季節のなかで様々な色を創る」
327346384_9.jpg


そんなアジサイに何度も憧れました。


327346384_100.jpg
作業中、とある撮影データを探してて、
6年くらい前に中学の友人と一緒に見た“アジサイ”を
ふと思い出しました。


で、その時の写真がこれ。
327346384_240.jpg


この時の旅行は、行くとこ行くとこで色鮮やかなアジサイに遭遇しました。シャガールの好きだった痛すぎる青。
imgcha.jpg
《シャガールのステンドグラス》 http://unic.or.jp/untour/subcha.htm




今、ボクは何色かな?




さて、仕事仕事。





MiCKY by TROiSDESIGN



群馬美少女図鑑 vol.13 -switch- 本日発行!!

ガキの頃っていろんな憧れがあって、プロ野球選手を夢みたときは辛い練習だって試合での勝利を思えば頑張れた。画家になりたいなって思ったら毎日デッサンばかりしていたし、映画をつくりたいなって思ったらとにかく小説を読みあさった。

「やりたい」って感じたら、その道へと試しに進んでみる。そんな行き当たりばったりの、何ら計画性のない人生。新聞やラジオなんかの取材で「どうやって今の自分にたどり着いたのか」ってこれまで何度も聞かれたけど、結局のところはっきりとした答えなんて自分自身でもわかってないのが本音。まぁ、前述の通り“行き当たりばったり”なので。

でも、何かを目指そうって思ったときは、決まって“心が切り替わる瞬間”っていうのがあって、その度に前の夢なんて忘れて目指すその道だけをがむしゃらに追いかけてきたような気がする。そういうところ、ほんと不器用だなって思えるけど嫌いじゃないんだよね。やっぱり何かに向かっていくときって、気持ちが高揚して予期せぬ力を生んだりするから、無限大の可能性なんか感じちゃって、楽観的だけど結構幸福でいられる。



久しぶりの長い前説。ども、編集長の三木です。

今日は、記念すべき4年目のスタートとなった《群馬美少女図鑑 vol.13》の発刊日です。テーマは、「切り替え」などの意味をもつ《switch(スイッチ)》。これまで読者から「一人のモデルのカットをもっと見てみたい」という意見が多かったことから、試験的に2大企画である《美少女シークエンス》と《光装 -picasso-(ピカソ)》を融合してみました。switchというテーマのもと、同じモデルが《美少女シークエンス》と《光装》を行き来し、心の奥深くに眠るswitchをonにする。そんな思いが込められてます。ヘアメイクや衣装、撮り方でこんなにも変わるんだなっていうのを、実際に手にして感じてください。

8401.jpg

0300.jpg


また、今回はふたつの特集を組んでいて、この春に行われる群馬を代表するイベントを2つ特集してます。ひとつめは《SPACE SAFARI》。昨年はUAがきて話題になりましたね。今年は本当にビッグなアーティストばかり。しかも、とことん女子に拘り、いわば“女子フェス”!! 目玉はなんといっても「salyu x salyu」。そして「OOIOO」「にせんねんもんだい」「Anyango」「珍しいキノコ舞踊団」までもが。その他にもたくさんの女性アーティストが集結します。詳細はこちらをご覧ください。

6061.jpg


もうひとつは、高崎の春に欠かせない《高崎映画祭》。今回で26回目を迎える同映画祭ですが、今年の受賞者は若手実力者俳優が目白押し。鈴木杏高良健吾榮倉奈々二階堂ふみ・内田伽羅(本木雅弘の長女)、加えて西島秀俊・古舘寛治ですからね。本当に豪華な方々となってます。それでも、最優秀作品賞には「富田克也監督/空族『サウダーヂ』」を選ぶあたり、ネームバリューなど度外視した作品重視の高崎映画祭らしい決断です。だからこそ、地方の映画祭としてこんなにも偉大で歴史深いものとして認知されているのでしょう。詳細はこちらをご覧ください。

6465.jpg

最後に、告知を。3月13日に、地元メディア2誌「上毛新聞」「群馬美少女図鑑」のタイアップで《JB》という、タブロイド紙を発行します! 約34万部のいう発行と、県内最大級のメディアが来月に実現します! 卒業や新生活をテーマに、企業と美少女がコラボしてお送りします! そちらにもご期待ください!!

8200.jpg



この週末、まずは群馬美少女図鑑の最新号をGETしてください!!

ファッションスナップ随時更新中!!
http://gunma.bishoujo-models.jp/




群馬美少女図鑑
編集長・三木


«  | HOME |  »

bisyoujozukan
携帯百景 - bisyoujozukan
携帯百景

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN

TROiSDESIGN(トロワデザイン)という屋号に弊社の経営理念が込められています。trois(トロワ)とは仏語で「3」を意味します。

3つの分野がデザインする

広告物や誌面制作などは、イラストレーション・撮影・執筆の素材すべてを各社に依頼し、それをデザイナーが創り込んでひとつの作品が生まれます。しかし弊社は、それらを社内ですべて請け負い、更なる高みに持っていこうと考えました。それぞれが互いに連携しあい、最終的な構成を頭に置いて制作にあたります。全てが異分野であった「3つ(trois)」のカテゴリが出会い、「合体(design)」する。それを経営の理念に込め、また創業者である三木の「三」に因んで、屋号を『TROiSDESIGN(トロワデザイン)』としました。

小文字の「i」が伝えるもの

数学において「i」は虚数単位を意味します。虚数単位とは二乗して「-1」になる数の事を表します。オイラーの関係式で「iは無限の力を持つ超越した変換者」という人格を表すそうです。「自分の可能性に制限など持たず常に変わり者でありたい」という意味を込めました。また「identity(アイデンティティ)」の「i」にも因み、「自己同一性」という直訳をより発展させた解釈としてとらえてます。「本来自分の中に存在する秘められた“もうひとつの自分”に出会うことができたならば、想像もつかない素晴らしいidea(アイデア)が生まれる」という思いを込め、あえて「i」を小文字で独立化させました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。